5-96(1)構成

(詳細は不明。正当性は確認必要)

以下に、本ウィーザド設定で関係するパラメータを示す。

大項目 中項目 内容 備考
不正対象の定義 名前 rogue1
条件 最低2項目
SNRの範囲 1~100
SSID名 ssid1,ssid2
分類 supected-rogue
信頼性 50%
WIPポリシー名 default
適用対象のAPグループ名 default
保護対象のAP aruba製品のみ
進入検知内容 カスタム
保護内容 OFF

WIPウィザードの画面を開く。
Configuration > WIZARDS > WIP Wizard をクリックする。
NEW★WS000000 (1)

5-96(2)設定手順

最初に不正とみなす基準を定義する。
(1)各項目を1つずつ入力する。NEW_011

(2)「NEXT」をクリックする。

(3)WIP Plicies欄が「default」を選択されていることを確認し、「Add」をクリックする。NEW_012

(4)「default」を選択し、「OK」をクリックする。
NEW_013

(5)「NEXT」をクリックする。

次に、保護対象のAPを選択する。
(1)「All Aruba APs」を選択し、「NEXT」をクリックする。NEW_015

なお、「Multi-vender」を選択すると以下の画面が表示される。NEW_016

ベンダ名を選択するのではなく、SSID名やチャネル等を設定することになる。

次に、進入検知したい内容を選択する。
(1)画面左側の4分類か、画面右側の各項目から任意の項目を選択する。
ここでは、画面右側から3項目を選択することとする。NEW_017

(2)「NEXT」をクリックする。

次に、保護対象としたい内容を選択する。
(1)画面左側の4分類から任意の項目を選択する。
ここでは、「OFF」を選択することとする。
NEW_027

(2)「NEXT」をクリックする。

ここでは、今まで設定した内容をWLCのconfigに反映する。
(1)設定した内容を確認し、画面右下の「Finish」をクリックする。
NEW_033

(2)画面上部の「Save Configuration」をクリックする。
 (1)までの操作では、running-configに保存されただけで、
再起動すると設定が消えてしまう。
必ず「Save Configuration」をクリックする。