ネスペ教科書 ネットワークスペシャリスト試験に出るところだけをサクッと理解する本 2018年度版
ネスペ教科書 ネットワークスペシャリスト試験に出るところだけをサクッと理解する本 2018年度版
6/2(土)発売開始


私の本や対策セミナーでは、「テキストによる基礎学習をしてから過去問を学習してください」とお伝えしてきました。その学習をお手伝いすべく、長らく「ネスペ」シリーズにて長年、過去問解説を書かせてもらってきました。
しかし、基礎学習のテキストは作成してきませんでした。
読者の皆様からの要望もあり、また、長年出したかったという思いもあり、今回、秋の試験に向けて書かせてもらいました。試験に間に合わせるために急いで書いたため、雑な面があればお許しください。

私のこの本のコンセプトは以下です。
・ネットワークスペシャリスト試験に出るところだけを解説
・わかりやすく丁寧に解説
・薄くて安い本

詳しくてわかりやすくても、値段が高くて分厚い本であれば、勉強をやりきれるのかという不安などから買うのを躊躇しますよね。
これら3つは、読者の皆様がまさに求めているものではないかと思うのです。

以下、本書の「はじめに」より
 本のコンセプトを決めるには,非常に悩みましたし,時間がかかりました。というのも,ネットワークスペシャリストは難関試験ですから,表面的な知識では合格できません。深く知ってもらうためには,関連知識も含めて丁寧に解説したいと思います。しかしそうなると,ページ数が増えて重たい本になり,読者の皆さんに置かれましては,読む気がおきなくなると思います。
 しかし,私を含めてネスペの合格者の勉強方法というのは,参考書による基礎知識の学習は,ある程度表面的にすませているものです。どこに注力しているかというと,過去問の学習です。特に午後の過去問が大事で,そこで出てきた用語や技術に関して,あらためて書籍やインターネット,実機などで知識を深めていくのです。であれば,皆さんが一通りの基礎知識を付けてもらう本としては,出るところに絞って薄い本が一番いい,そして,午後の過去問の学習は,拙著の「ネスペ」シリーズで深く行ってもらいたいと考えました。

書店には6月末くらいから流通すると思いますので、必要に応じて書店さんで手に取って確認ください。