キャプティブポータルとは、WEB認証のこと。内部データベースを使ってキャプティブポータル用のSSIDを設定する。

(1)ネットワークから「新規」をクリック。

(2)ウィザードの「WLAN設定」でSSIDを入力。「ゲスト」を選択。
011











(2)IPやVLANの割り当てを設定する。(仮想コントローラ割り当てにしておくと、IAPがNAPTしてくれる)
012










(3)スプラッシュページのタイプに「内蔵-認証済み」、認証サーバに「内部サーバー」を選択する。
右側の画面をクリックすると、認証画面をカスタマイズできる。
013










スプラッシュページに「内蔵-承認済み」と言う選択肢もある。これは認証を行わず、すべてのユーザにアクセスを許可するための設定。


(4)アクセスルールを設定する。アクセスできるネットワークを限定したい場合に設定する。
014












設定はこれで完了。

なおキャプティブの場合、無線LAN区間はまったく暗号化されていない。(WEPすらない)
盗聴のリスクがあるため、利用には注意が必要。