ARMとは、自動電波調整機能のこと。chの割り当てや、出力調整を自動的に行う機能のこと。電波の調整をおまかせする機能だと考えればよい。

 IAPにもARM機能が備わっている。IAPの設置や運用には、電波に関する調整がほとんどいらない。ARMが自動的に調整してくれるからだ。

 IAPでのARMの動作履歴は「メンテナンス」→コマンド「AP ARM History」を選択し、「実行」を押せば確認できる。chの割り当てや、出力調整の履歴を確認できる。頻繁に調整を行うようである。
ARM-history
















ARM機能の一つに、近隣のAPを確認する機能がある。「メンテナンス」→コマンド「AP ARM Neighbors」を選択し、「実行」を押せば確認できる。近隣APのBSSID、ESSID(SSID)、Ch、RSSIなどを確認できる。
RSSIとは、IAPが受信した無線信号の強度のこと。数値が大きいほど影響が大きい。
ARM-neighbers