チャンネルを複数に束ねて高速化するチャンネルボンディングをするためには、High-throughput SSID Profileを設定する。
基本的には、自動で「default」のHigh-throughput SSID Profileが割り当てられ、11nが有効になる。

WebUI
Configuration > AP Group > Edit "該当Profile" >Wireless LAN > Virtual AP >SSID Profile> High-throughput SSID Profile
11nの有効化
high throughput enableのチェックをON

 チャネルボンディングの有効化
「40 MHz channel usage」のチェックボックスを入れるとチャネルボンディングが有効になる。

A-MPDU
送受信ともサポートしていて、Defaultで有効。
図のMPDU Aggregationのチェックボックス
11













CLIの設定   
(Aruba650) #configure t 
(Aruba650) (config) #wlan ht-ssid-profile wlan0-htssid_prof
(Aruba650) (High-throughput SSID Profile wlan0-htssid_prof) #40MHz-enable
(Aruba650) (High-throughput SSID Profile wlan0-htssid_prof) #exit

(Aruba650) (config) #wlan ssid-profile wlan0-ssid_prof 
(Aruba650) (SSID Profile wlan0-ssid_prof) #ht-ssid-profile wlan0-htssid_prof ←SSIDプロファイルに割り当て