先ほどのGUIの設定をCLIで設定する方法は以下である。

CLIの設定  一部の設定を紹介する。
(Aruba650) (config) #wlan ssid-profile wlan1 ←wlan1という名称のssid-profileを変更する
(Aruba650) (SSID Profile "wlan1") #max-clients 32 ←PCの最大同時接続台数
(Aruba650) (SSID Profile "wlan1") #a-tx-rates 36 48 54 ←11aのデータ通信用の送信レート
(Aruba650) (SSID Profile "wlan1") #g-tx-rates 36 48 54 ←11gのデータ通信用の送信レート
(Aruba650) (SSID Profile "wlan1") #a-basic-rates 6 12 ←11aの制御通信用の送信レート
(Aruba650) (SSID Profile "wlan1") #g-basic-rates 1 2 ←11gの制御用通信用の送信レート  
(Aruba650) (SSID Profile "wlan0") #no short-preamble ←ショートプリアンブルを無効
(Aruba650) (SSID Profile "wlan1") #local-probe-req-thresh 20 ←接続させるSNRの最低値。これより電波が弱い場合は接続させない。初期値は0
※max-clientsで設定した内容は、GUI上のMax Associationsで表示される。