ウィザード設定後のconfigについて、主なものを解説する。

ap-group "default"←APグループ「default」が使用する仮想AP名を定義
   virtual-ap "wlan1-vap_prof"←仮想AP名

wlan virtual-ap "wlan1-vap_prof"←仮想AP「wlan1-vap_prof」が使用するaaaプロファイル名とSSIDプロファイル名を定義
   aaa-profile "wlan1-aaa_prof"←aaaプロファイル名
   ssid-profile "wlan1-ssid_prof"←SSIDプロファイル名

wlan ssid-profile "wlan1-ssid_prof"←SSIDプロファイル「wlan1-ssid_prof」の内容を定義
 essid "wlan1"←SSID名
 opmode wpa2-psk-aes←認証、暗号化方式
 wpa-passphrase 12d1acc3e9bff806acbcc24774fb8671c5023b1e9353aec0←パスフレーズ

aaa profile "wlan1-aaa_prof"←aaaプロファイル「wlan1-aaa_prof」が使用するロール名を定義
   initial-role "authenticated"←ロール名

user-role authenticated←ロール「authenticated」が使用するaccess-listを定義する(デフォルトで定義されている)
 access-list session allowall←access-list

ip access-list session allowall←access-list「allowall」の内容を定義する(デフォルトで定義されている)
  any any any  permit←送信元、宛先、ポートを限定せず許可