電波強度が弱くなると、伝送速度も落ちる。
APは設定された伝送速度の中で、最も高いもの(たとえば54Mbps)で通信を開始し、通信ができなければ、順に伝送速度を下げて通信をする。
距離が遠くなって、電波が弱くなると、当然ながら伝送速度も遅くなる。
以下の3ページ目にそれらの値が載っている。http://www.arubanetworks.com/pdf/products/DS_AP130Series.pdf

伝送速度受信感度
(Receive sensitivity)
54Mbps(11g) -81dBm
11Mbps(11b)-92dBm
 6Mbps(11g)-94dBm
 1Mbps(11b)-97dBM
g 
54Mbpsを出すのに、たった-81dBmでいいのですか?
もっと強い電波が必要な気がします。



これはあくまでも受信感度です。
実際にはノイズが入るので、RSSIが-81dbmでよいというわけではない。SNRの考え方が必要。