ここでは、p12形式の証明書ファイル(秘密鍵・ユーザ証明書・CA証明書のセット)をインポートする方法を説明する。といっても、何も考えずに.p12ファイルをダブルクリックするだけである。

001


















002



















ここで、p12ファイルを作成したときに設定したパスワードを入力する。
「このキーをエクスポート可能にする」はチェックしないのが望ましい。他者の利用やPCの盗難などによって、秘密鍵を盗まれてしまう恐れがあるからだ。
003



















これも自動でOK。
004


















完了を押すと終わりである。
005


















インポートした証明書は、IEの「ツール」→「インターネットオプション」→「コンテンツ」→「証明書」で確認できる。
「個人」のところにユーザ証明書、「信頼されたルート証明機関」にCA証明書が確認できるはずである。