多段認証
たとえば、MACアドレス認証をかけて、そのあとPEAPの認証をするなどの、多段認証ができる。

複数の認証先
複数の認証先を指定することができる。
認証サーバAがダウンしたら、サーバBに接続できる。
※この場合は、サーバAが生きていれば、サーバBに問い合わせることはない。

一方で、server group allow-fail-throughで、サーバAにユーザがいなければ、次のサーバBに問い合わせる設定も可能だ。

i 

大学の場合、教育系と事務系でそれぞれの認証サーバがあるようです。
教育系はAサーバ、事務系はBサーバに問い合わせるという設定は可能ですか?



できる。まあ、この場合は教育系と事務系でSSIDを分けるのが手っ取り早いだろう。