電源(PoE含む)の設計
APの電源供給方法は、以下の3つである。一般的にPoEを使うことが多いだろう。なぜなら、天井などに無線APをつける場合、そこに電源があることは少ないからだ。それに、単純ではあるが、LANケーブルで電源も兼ねられるなら、便利である。

【電源供給方法】
①無線APについている電源コンセントから電源をとる。
②PoEスイッチにLANケーブルを差し、LANケーブル経由で電源をとる。
 このためには、PoEスイッチを用意する必要があるが、値段はかなり高い。通常のスイッチの1.5倍くらいするだろう。
③PoEスイッチの代わりに、PoEアダプタを使用する。
 PoEスイッチが無くても、これを接続すればPoE給電ができる。価格は数千円~1万円程度。ただ、APが10個あれば、このアダプタも10個必要となり、電源コンセントも10個いる。置き場所も考えなくてはいけない。
poe

























また、PoE+もある。電源供給能力に違いがある。 PoE+は屋外用の無線APの一部(ArubaではAP-175P)で、PoE+が必須になる。屋外用は暑さ寒さに耐えるための機能のために、電源も通常より必要なのであろう。
 また、要確認ではあるが、IEEE802.11nをフルパワーで使うには、PoE+が必要になるかもしれない。→不要だった。IEEE802.3afのPoE(15W)で十分であった。

配線
PoEはCat5以上のLANケーブルであれば利用できる。実際にはCat3でも利用できるようであるが、今はCat3を使うことは無いだろう。PoE+の場合は、Cat5e以上のケーブルである。

設置
APの設置場所は、①天井、②壁になるだろう。基本的には①の天井が軸になるだろう。
美観から、天井裏という選択肢もあるが、天井を通す分だけ電波が弱くなる。天井裏に無線APを置き、アンテナだけを出すこともできる。だが、天井に穴を空けたりするので多少手間である。また、天井裏や高い所に取り付けると保守が大変。高所作業は免許が必要なので、(外部に委託することがほとんどだと思うから、)その費用も考慮しておかなくてはいけない。
※高所作業は足場を組んだりする必要があり、作業費が高くなる。初回だけならまだしも、交換の都度の費用支払いは嫌かな。
APを天井に置く場合、アンテナだけを壁から下に露出させてつけることも可能。
APを壁に置く場合、おそらくであるが、特定方向に向けての電波になるので、アンテナ外付けの指向性のAPがいいだろう。