これまでに書けなかった設計で、大事な設計を書く。
詳細設計と思われる部分もあるかもしれないが、ご容赦いただきたい。

SSIDの設計
 ・SSIDについて、設計をする。
 ・名前の付け方については、SSIDの名称の記事も確認いただきたい。
 ・SSIDは、利用者とネットワーク(IPアドレスとVLAN)、セキュリティのくくり付けが必要である。2.4GHzと5GHzで同じSSID使うかも検討する。

同時接続台数の制限
 ・APの配置数にもよるが、30~40程度で制限したほうがいいだろう
 ・Max Associationsで設定する。CLIではmax-clients。詳しくはSSID Profileの設計にて。

SSIDの隠ぺい
 ・必要ないだろう。Arubaでは、Hide SSIDで設定する。詳しくはSSID Profileの設計にて。

ANY接続の拒否
 端末(PC)からの接続要求であるProbe RequestにSSIDが含まれていない場合は応答しない。Arubaでは、Deny_Broadcast Probesで設定する。詳しくはSSID Profileの設計にて。

5GHzの優先設定
 できるだけ電波がクリーンで、チャンネルもたくさん利用できる5GHzを利用することがおすすめだ。Arubaでの設定方法は、Virtual APの設計