自律型=WLC(コントローラ)無し
AP(アクセスポイント)単独で動作する。

集中管理型=WLC有り
ArubaはWLCにて全てのAPを管理する手中管理型である。運用管理は抜群に簡単になる。
ただし、WLCがダウンすると、全ての通信が不能になる。よって、WLCの2重化が必要である。
こういう仕組みはCiscoなどでも同じで、HPの無線LANは、WLCがダウンしても通信の継続は可能である。
c
たしか、Arubaの無線LAN機器では、制御情報だけでなく、全部の通信を無線LANコントローラ(WLC)を経由させているようですね。
無駄だと思いますが、なぜそんなことをしていますか?




確かに、WLCとの帯域を太くする必要があり、無駄だなと感じることも多い。
一方で、全通信を管理できるということは、FWとどうように無線LANの全通信を管理できるので、ACLなどによる制御を含め、本当の意味でWLCが無線を管理できるのである。