プリアンブルは、フレームフォーマットのヘッダより前の部分。フレームを検出して同期をとる。
ショートプリアンブルとロングプリアンブルがある。その名の通り、長い(144bit)か短い(72bit)か。
ショートプリアンブルを有効にすると、伝送速度が速くなる。一方、1Mbpsの通信が使えなくなるので、通信範囲が狭くなるというデメリットがある(と思う。)