ArubaのWLCをDHCPサーバとして使うことができる。
無線LAN以外の普通のPCのDHCPサーバとしても使うことは可能だが、細かな調整ができないので、簡易なものとして考えるのがいいだろう。
設定方法は以下である。

WebUI
Network > IP > IP Interfaceから「DHCP Server」のタブを選択する。
「Add」で新規、「Edit」で既存の設定を変更する。
右下の「Apply」は設定変更時に押す。
DHCP



















設定を入力し、右下の「Apply」を押す。
前の画面に戻ってもう一度「Apply」を押す。※忘れがち
dhcp2











CLIの設定
(Aruba) #configure t 
(Aruba) (config) #service dhcp ←DHCPサービスの有効化
(Aruba) (config) #ip dhcp pool seg0 ←seg0は単なる名前
(Aruba) (config-dhcp) #network 192.168.0.0 255.255.255.0
(Aruba)(config-dhcp)#default-router 192.168.0.254
(Aruba)(config-dhcp)#dns-server 10.1.1.1

c 
DHCPサーバで、
WLCのIPアドレスも配信してくれれば
ありがたいんですね。


それは可能である。これはArubaのルールではなく、一般的なものなので、他のDHCPサーバでもできる。
CLIの場合は以下のように設定する。

(Aruba650) (config-dhcp)#option 43 ip 10.1.1.1