Arubaでいう電波の自動調節機能ARM(アーム)を使うことで、電波の自動調整が行える。
たとえば、チャンネルの調整や出力の調整をすることで、干渉なく遠くまで届くような調整がなされる。

または、ARMを使わずに手動で行っている場合は、WLCにて個別に調整も可能である。