一つのAPが届く電波の範囲をセルという。
ArubaではRF Planによりセル設計をするとよいだろう。
注意点は、以下である。
隣接するチャンネルが重複しないものとする
 干渉するから当然である。
隣接セルとある程度重複するように設計する
 スムーズなローミングの観点からも必要である。また障害時の冗長性の確保という観点からも、別のAPからも届く距離で設計しておくとよい。
cell