APを接続すると、WLCにAPが自動で認識される。
以下の画面より、設定をしていく。

Configration > Wireless > AP Installation を開く
ap1









認識されたAPにチェックを入れ、「Provison」を押す

AP Groupを選択する。
初期化されたAPの場合、defaultのAP Groupに入る。適切なAP Groupに変更する。
ap2








WLCのIPアドレスを入れる
右側のMasterにも同じIPアドレスを入れる。(必須なのかは要確認)
ap3





★Host(CLIではserverip)とMaster(CLIではmaster)
以前はWLCが機能別に2つに分かれていた。具体的には、masterのWLC ServerとローカルのWLC Server。その設定の名残が残っている。
機能としては、imageファイルはLocalのWLCのServerで、ConfigはMasterのWLCが管理している。
今もその設定が残っているのであるが、両方に同じ設定しておけばよいだろう。

IPアドレスなどのネットワーク情報の設定
管理面から、DHCPによる自動取得は適さない。たとえば、SNMPによる監視をするにも、IPアドレスは固定で行うべきだ。
ap4








ホスト名の設定
ap6




設定を入れ終わったら、「Apply and Reboot」