インスタントの場合は設定がとても簡単である。
以下に動画がある。
http://www.arubanetworks.co.jp/movie/aruba_instant.php

・instantというSSIDで接続でき、APは172.16.11.1に設定されている(はず)

■運用
AP台数が少ない場合は、IAPによるコントローラ無で運用すればよいだろう。
以前はAP16台までといった制限があったが、現在はその制限も無い。
30~40台くらいまでならIAPでの運用でも良いかもしれない。

その後、IAP用のファームを通常のAP用ファームに上げることで、コントローラによる管理ができる。たしか、Web画面か何かでできたはず。
※残念ながら、通常のファームをIAP用のファームに戻すことはできないらしい。TFTPかなにかにより、ファームを丸ごと入れ替えるしかないだろう。

さらにAruba Centralというクラウドサービスがあり、
年額のSubscriptionを購入すれば、クラウド上で多拠点のIAPを管理することも容易にできる。


■事例
IAPを使って分散する大規模な無線LANを構成することもある。
例えば、AP2、3台の拠点が50拠点ある場合、各拠点をIAPの無線LANで構築する。
その管理は、AirWave(VMwareまたはアプライアンスでライセンス制)で管理する。
Config流しこみや一括管理も行える。
基本的にはIAPを使わず、コントローラによる集中管理が推奨である。
しかしこの構成だと、コントローラの機器とライセンスを考えると安く構築できる。