「4(2) 無線AP設定」で説明したように、DHCPサーバがあれば、無線APに何も設定をせずに、WLCに接続すればよい。WLCから設定ができるからだ。
DHCPが無い場合や、無線APに直接設定を入れたい場合は、以下を参照してほしい。といっても、設定できる項目はネットワーク情報などの基本的なものしかできない。

設定画面に入るには
(1)コンソールでAPに接続する。
 接続方法に関しては、WLCの初期設定を確認いただきたい。

(2)APを起動する
 PoE給電でもいいし、通常の電源でもよい。

(3)コンソール画面で、起動を確認し、以下が出たらすぐにEnterを押す。
 わずか2秒ほどしか無いので、事前の準備が必要だ。失敗して通常の起動が始まったら、もう一度電源を入れ直す。

コマンド一覧
apbootで入力できるコマンドは、helpで確認できる。
以下がその全てである。
apboot> help
?              - alias for 'help'
boot           - boot the OS image
clear          - clear the OS image or other information
dhcp           - invoke DHCP client to obtain IP/boot params
factory_reset  - reset to factory defaults
help           - print online help
mfginfo        - show manufacturing info
ping           - send ICMP ECHO_REQUEST to network host
printenv       - print environment variables
purgeenv       - restore default environment variables
reset          - Perform RESET of the CPU
saveenv        - save environment variables to persistent storage
setenv         - set environment variables
tftpboot       - boot image via network using TFTP protocol
upgrade        - upgrade the APBoot or OS image
version        - display version

ネットワーク情報の設定
①IPアドレス
apboot> setenv ipaddr 192.168.0.211
②サブネットマスク
apboot> setenv netmask 255.255.255.0
③デフォルトGW
apboot> setenv gatewayip 192.168.0.1
④DNSサーバ
apboot> setenv dnsip 192.168.0.1
⑤HOST名
apboot> setenv name ap135

サーバやコントローラの指定
①WLCやTFTPサーバの指定
apboot> setenv serverip 192.168.0.201
②APをコントロールするWLCを指定する。
apboot> setenv master 192.168.0.201
初期設定では、2行入れるか、②のmasterだけでもいいはず。少なくとも①のserveripだけでは自動配信はされない。

確認コマンド
①バージョン情報
apboot> version
APBoot 1.2.5.0 (build 27650)
Built: 2011-03-30 at 13:34:38

②設定内容
apboot> printenv

その他
①環境変数の初期化
環境変数は、APがBootする前の設定であるIPアドレスなどの設定。
これを初期化するのは以下。
apboot> purgeenv
 ※purgeと省略も可
 ※一方、WLCの初期化はwrite erase

②APの初期化
環境変数だけでなく、APの設定をすべて初期化する。
設定内容はWLCから送られてくるので、上記①のコマンドでも用は足りる。
apboot> factory_reset
i
初期化コマンドには
purgeenv と factory_reset
の2つがあるんですね。
どう使い分ければいいですか?


APの設定は、WLCから送られてくるので、purgeenvを使えばいい。
factory_resetを使うことは基本的にはない。
強いて言うと、IAPを通常のAPに変換し、それを初期化して元のIAPに戻す場合にはfactory_resetを使う。

③保存
apboot> saveenv
 ※saveと省略も可

④再起動
apboot> reset

⑤ping
apboot> ping 192.168.0.1

マニュアル
以下のCLI_ref.pdfにマニュアルがある。バージョンに注意
http://support.arubanetworks.com/DOCUMENTATION/tabid/77/DMXModule/512/Command/Core_Download/Default.aspx?EntryId=262