IPアドレスを割り当てた後はWebからの設定がお勧めである。CLIが便利という人は、コンソールから以下のように接続するとよいだろう。

■ログイン
(Aruba650)
User: admin 
Password: *********
(Aruba650) >enable ←特権モードに入る。このあたりはCiscoと同じだ。
Password:**********

■Configを見る
(Aruba650) # show  running-config

■設定モードに
(Aruba650) #configure t ←conf tで設定モードに
Enter Configuration commands, one per line. End with CNTL/Z

■IPアドレスの変更
(Aruba650) (config) #interface vlan 1
(Aruba650) (config-subif)#ip address 192.168.0.201 255.255.255.0
Switch IP Address is Modified. Switch should be rebooted now

■設定の保存
(Aruba650) (config) #write memory
Saving Configuration...
Configuration Saved.

■再起動
(Aruba650) # reload
Do you really want to restart the system(y/n): y
System will now restart!

■DHCPサーバの設定
Aruba650) #configure t 
(Aruba650) (config) #service dhcp
(Aruba650) (config) #ip dhcp pool seg0 ←seg0は単なる名前
(Aruba650) (config-dhcp) #network 192.168.0.0 255.255.255.0

※DHCPの設定を入れておくと、初期化したAPをWLCに接続するだけで、WLCはAPを自動認識する。(正確にはAPがWLCを探す)
なので、設定は便利である。ただ、APにはDHCPではなく固定でIPを割り当てるべきだと考えている。後で固定に変更しよう。
※必要に応じて、no stp・・として、Spanning-treeを停止させる。