Arubaの無線LANにおける、WLCの初期設定方法を述べる。

コンソールに接続する。
 Ciscoのコンソールケーブルで接続可能。パソコンにシリアルポートが無い場合は、USB変換ケーブル(ELECOM UC-SGT USB to シリアルケーブルなど)にて接続する。

cosole

TeraTermなどを使って設定をする。シリアル接続になる。

teraterm















f 

USBで接続している場合、COMの何番につながっているかが分からいときがあります。どうすればいいですか?


「システムのプロパティ」「ハードウェア」「デバイスマネージャ」にて確認できる。
この場合はCOM11である。
port







Consoleから初期設定をする
初期化されたWLCの場合、初期設定が問われる。
ここでいろいろと設定することは可能であるが、Web設定がメインなので、必要最低限の設定でいい。
必須のところと、ポイントのみ解説する。それ以外は「Enter」キーでデフォルト値の自動入力でよいだろう。※当然、きちんと設定してもよい。

Enter VLAN 1 interface IP address [172.16.0.254]:  ←初期値が自動入力される。直接入力も可。
Enter VLAN 1 interface subnet mask [255.255.255.0]:  ←上記と同様
Enter IP Default gateway [none]:  ←上記と同様
Enter Country code (ISO-3166), <ctrl-I> for supported list: jp3 ←国コードを入れる。<ctrl-I>でリストを見ることができるが、見る必要は特になく、jp3を入力
You have chosen Country code JP3 for Japan (yes|no)?: y ←確認

Enter Password for admin login (up to 32 chars): ********* ←adminのパスワード。私はadminpassとした。
Re-type Password for admin login: ********* ←再入力
Enter Password for enable mode (up to 15 chars): ********** ←enableのパスワード。私はenabelpassとした。
Re-type Password for enable mode: ********** ←再入力
Do you wish to accept the changes (yes|no)yes ←最終確認。yesで設定の反映とリブート
Creating configuration... Done.
System will now restart!
※戻る場合は、ctrl + p