構築が終わったら、設計した通りの機能が利用でき、要求したパフォーマンスがでるかの試験をする。

電波関連
・電波強度
・干渉状態 → 必要に応じて電波のチューニング

セキュリティ
・認証が適切に行われているか。正規のユーザが利用でき、非正規ユーザは利用できないか。
・通信が暗号化されているか

通信テスト
・ping試験
※WLCからもPing試験ができる。詳しくは「pingテスト」の記事。

アプリケーション試験
・Web閲覧
・メール送受信
・各種アプリケーション試験

性能試験
・スループット

など