電波調査を実施するにあたり、準備するものは以下である。
調査対象の図面
電波測定ソフトが入ったノートパソコン
設置する予定のAP
PoEスイッチ ※必要に応じて
スループット測定用のサーバ(PCでよい) ※必要に応じて
LANケーブル
)実際に使用する端末(パソコン、タブレット端末、スマホなど)
)APを仮置きするもの。棒のようなものを用意し、実際の設置場所付近に仮配置するのもよいだろう。
)延長ケーブル
 端末ごとに搭載されている無線LANのチップが違う。チップの品質によって電波を送る力が変わる。タブレットやスマホはそれほどいいものを使っていないので、きちんと通信ができるかを確認するために持っていくとよい。