・無線APの設置は壁よりも天井の方が、電波が広がりやすいのでいいだろう。
・天井の上(裏)におくこともよくやる。美観を気にされるお客様であったり、学校などの場合、生徒がキャッチボールなどしてぶつけて壊すことなどを心配されるケースである。
・無線APやアンテナの指向性を考えて配置する。
※Ruckus社の無線LANは、BeamFlexの機能により、自動で出力方向を変えることができる優れもののようだ。日本ではまだまだ普及が少ないのが残念。