アドホック(ad hoc)とは、「暫定的な」という意味。インフラストラクチャモードに比べて暫定的な無線LANである。具体的には、無線LAN端末同士がAPを介さずに直接通信をするモードである。例えば、場所的に配線ができない1パソコンのために、無線LANアダプタを付けて、通信をさせることなど。
一方、インフラストラクチャ(infrastructure)は基盤を意味する。アドホックモードに比べて、APを構築してしっかりとした無線LANネットワークを作る。
通常の無線LANといえば、ほとんどがこれである。