かなり簡易ではあるが、無線LANの規格を整理する。
規格周波数帯速度 屋外 障害物 干渉 距離
11b2.4GHz11Mbps強い
11g54Mbps
11a5GHz
(W52,W53,
W56)
54Mbps×
(W56〇)
弱い
11n2.4GHz
5GHz
理論値は
600Mbps
規格
次第
同左同左同左
11ac5GHzのみ理論値は
6.9Gbps
※W52やW53などは、周波数帯の5.2GHzや5.3GHzから来ている。wはおそらくwave(波)。 g


あ、そもそもなんですが・・・
a/b/gの規格は互換性があるんですか?


b/gは互換性がある。b/gとaは全くない。周波数帯が違うから、別次元で動いている。例えていうなら、2階と5階で別々に通信しているようなイメージだ。
 →詳しくは、電波と周波数
j 
 
結局、どの規格を使えばいいのですか?
 最近は11b/g/a/nのすべてに対応した端末が多い。なので、11nを含めて全部の規格にて通信できる環境を作る(具体的にはAPやWLCを設定する)。PCやタブレットなどの端末にて自動接続させればいいだろう。

■参考
 細かく設計するのであれば、参考にしていただきたい。
・タブレット端末は、11a(5GHz帯)に未対応のものがあるので、その場合は11b/gを使うことになる。H24秋段階では、5GHzに対応していない機種の方が多い。端末価格が上昇するからだ。また、11nは未対応が多い。よって、11b/gを使うことを基本に考えた方がよいだろう。
・11aと11gは同じ54Mbpsであるが、11aの方が高速で安定していると思ってよい。それは、11gは11bとの相互互換による速度低下と、ISMバンドによる他の電波干渉を受けやすいからである。実効スループットを測定しても、やはい11aの方が速い。
・上記の理由(特に他の干渉が少ない観点)から、11aを軸に使ったほうがよい。使用できるチャンネルも多く、11nを使った場合も使用できるチャンネルが多い。
f

ところで、11gは11bの上位規格(後継規格)ですよね。
だったら、11bはもういらないのでは?
 


 まあ、無しでもいいでしょう。Arubaではできないが、メーカによっては、設定で11bを止めることもできる。ただ、11gに比べ、11bは距離が遠くまで届く。特に通信速度を1Mまで落とすと、さらに遠くまで届く。なので、広い工場などで、軽い通信だけでいいのであれば、有効にしておくとよい。Arubaの場合は、11bと11gを意識することなく、WLCに任せればよい。

2-2(10) IEEE802.11nの設計も参照いただきたい。

規格の変遷
各規格と、IEEEによる標準化時期およびそのスループットは以下です。
1997年 IEEE 802.11(2Mbps)
1999年 IEEE 802.11b(11Mbps)
1999年 IEEE 802.11a(54Mbps)
2003年 IEEE 802.11g(54Mbps)
2009年 IEEE 802.11n(600Mbps)
2014年 IEEE 802.11ac(6.9Gbps)